ベッドの下の無駄な隙間を有効利用!便利なベッド収納

ベッドの下の隙間を有効活用できるベッド収納が非常に人気です。特に1人暮らしの狭い部屋での無駄な隙間は非常に不便です。ベッドの下に引き出し収納を設けることで面倒な掃除も不要・スペースをとらず収納することができます。

収納ベッドの種類

ベッド収納といってもいくつか種類があるのでそれぞれのタイプを知った上でベッド選びを始めるようにしましょう。1つ目は一般的に収納ベッドと呼ばれている、ベッドの下に収納スペースが設けられているタイプです。ベッドと一体型になっているものとそうでないものがあるので注意しましょう。無駄な空間を有効利用したい人にオススメです。2つ目はチェストベッドと呼ばれている収納ベッド以上の収納力がある商品です。ベッドの下にタンス並に収納することができます。3つ目はガス圧式跳ね上げベッドです。ベッドのマットレス部分を簡単に持ち上げることができベッドの下全てを収納スペースとして利用できます。タイプによってメリット・デメリットがあるので自身の住宅と目的に合ったベッドを選ぶ必要があります。

収納ベッドの選び方

ではベッド収納を利用するためにベッドの選び方を説明します。収納ベッドは一体型とそうでないものがあると先述しましたが、一体型でないものは壁に付けて使用する前提となっているので収納スペースの反対側に空洞ができてしまう点に注意が必要です。ベッドを部屋の端に置く場合・空洞に自身で収納BOXを置く場合は問題ありませんが、ベッドを部屋の中心に置く場合は一体型の方が適切と言えるでしょう。チェストベッドは豊富な収納力が魅力ですので部屋をすっきりさせたい・細かく分類したい人にオススメです。ガス圧式跳ね上げベッドはベッドによって開く方向が異なるので部屋の構造をチェックしてから選ぶようにしましょう。旅行バッグなど比較的大きなものを頻繁に出し入れする人に便利なタイプです。それぞれ目的に応じて設計されているので自身に合ったものを選びベッド収納を利用しましょう。

ベッドを収納家具として再利用

部屋をすっきりさせたい・無駄な隙間を利用したい・掃除を楽に済ませたい、そんな人の悩みを解決してくれるのがベッドの下を有効活用したベッド収納です。ベッド収納は快適な睡眠を提供してくれるだけではなく収納スペースとしても活躍してくれます。さらにタイプによっては面倒な掃除の手間を省いてくれます。ベッドを就寝家具とだけ考えず収納家具としても考えてみるべきです。それぞれのタイプのメリット・デメリットを確認し値段・住宅構造を考慮した上で自身に合ったベッドを選べばより快適な生活を送ることができます。従来のように寝心地だけを基準にベッドを選ぶのではなく、収納面も踏まえた上で寝心地を確認しベッドを選んでみてはいかがでしょうか?