ベッド収納を上手く使うポイントとは

ワンルームでも、ベッド収納を上手く利用することによって収納場所を増やすことが出来ます。では、ベッド収納の上手な使い方とは、いったいどのようなものなのでしょうか。詳しく紹介していきたいと思います。

湿気が溜まりやすいことを考慮する

ベッド収納を上手く使うための方法として、まずは湿気が溜まりやすいという点を考慮することから始めると良いでしょう。人間は眠っている間に毎日コップ1杯分の汗をかくと言われていますので、その下にあるベッド収納は直接影響を受けてしまうのです。湿気の影響を受けやすいデリケートな物を収納するのは避けることが大切です。いくら掃除をしてもホコリも溜まりやすいので、この点にも注意が必要です。
ですので、大切な日に着るとっておきのオシャレ着や高価なアクセサリー類、そして本や写真などはベッド収納には仕舞わない方が良いでしょう。万が一のことを考えて、気兼ねなく洗うことが出来るタオル類や普段用の下着などを入れておくことをおすすめします。

ベッドの高さに合うものを選ぶ

続いて、既にベッドに組み込まれている収納スペースではなく、新たに収納ケースを購入する場合は、ベッドの高さに合うものを選ぶことが大切です。高さが合わないと、ベッドの下に収納することが出来ません。
また、素材にも気をつけることが大切です。基本的にはプラスチックや木製の収納ケースが良いでしょう。布製やダンボール製の収納ケースも使いやすいのですが、湿気を呼び込む可能性が高いので、避けた方が良いかもしれません。
そして、ベッド収納の色味を合わせた方が、部屋を上手くコーディネートすることが出来るでしょう。いくらデッドスペースと言っても、ベッドの下というのは意外と目立つ場所ですので、色味やデザインを揃えることは必須です。

数多くあるベッドの種類

最後に、大きな荷物も収納したいと考えているのであれば、リフトアップベッドを選ぶと良いでしょう。ベッドのマットレスが持ち上がり、その下に荷物を入れることが出来るのです。リフトアップベッドは、非常に効率的なベッド収納と言って良いでしょう。
ベッドの大きさにもよりますが、一般的に、冬物の毛布やカーペット、そして旅行用の鞄やスポーツ用品など、大型の荷物を仕舞うことが可能です。
また、ベッドの下を収納だけでなく様々なことに活用したいと考えている場合には、ロフトベッドを選ぶと良いでしょう。小さな部屋のような感覚で使うことが出来てしまいます。ロフトベッドに限り、ベッド収納に溜まりやすい湿気の問題は考えなくても良いでしょう。