ベッド収納は自分にあったものを選ぶべし!

ベッド収納と一言にいっても、実は色々なタイプがあるので、自分にぴったりのものを探すことが大切です。
そこで、ベッド収納の購入を検討している方や興味を持っている方にとって有益な情報をお届けします。

引き出しタイプの特徴

ベッド収納の中でも「引き出しタイプ」のものは、最も一般的といわれるものなので、種類やサイズ・価格など選択の幅が広いです。
例えば引き出しが1つのものから2つ以上、段のあるものなどバリエーションが豊富なので自分の好みや収納する量などに応じて選ぶことができます。
しかし注意点として、引き出しを出すスペースを必要とすることと、長いものの収納が出来ない・もしくは難しいといったところがあります。
特に引き出しがいくつも分けられているタイプのものや、引き出しの中にセパレートがついているものだと、小物の収納としては使い勝手がいいですが、大きなものは入らない場合があります。
そして引き出しを出せる方向が1方向だけだとベッドを置く位置に制限が出来てしまうこともあるので、部屋の間取りに合うよう事前に確認する必要があります。

跳ね上げタイプのベッド収納は?

跳ね上げタイプのベッド収納は、床板とマットレスが一緒になっていて持ち上げることができます。多くの場合、ガス圧式になっているので持ち上げる際も少しの力で済むので女性や子供・高齢の方でも問題ありません。
ベッドの下全部が収納スペースといった構造なので、長いものや大きいものでもしまいやすいのが特徴です。そしてマットレスと床板が蓋がわりとなるので、外から収納しているものが見えないのもメリットです。
しかし最大のデメリットは価格面です。構造が通常のベッドよりも特殊になっているので、高額なものがほとんどです。
また、大物を収納するのには優れている反面、細々としたものの収納はあまり得意ではありません。その場合には、小分けできる収納ボックスなどを使うことで対処できます。

全ての種類のベッド収納に共通すること

どんな種類のベッド収納であっても共通して挙げられる注意点があります。
それは湿気対策です。収納スペースのない通常のベッドと違って、寝ている下に収納スペースがあるタイプのものには湿気が溜まりやすい環境にあります。さらに、人は寝ている間にコップ1杯ほどの汗をかくといわれており、その汗も湿気として収納スペースに溜まりやすくなります。
したがって、収納スペースには、湿気に弱いものなどをしまうことは避けたほうが良いです。特に本や衣類などがそれにあたります。
もしどうしても収納しなければならない場合には、湿気取りを必ず入れて定期的に部屋を換気することが大切です。
そして定期的に収納スペースも空けて空気を中に通すこともオススメです。